指導者 福島章恭


桐朋学園大学演奏学科声楽専攻卒業、声楽を萩谷納、移川澄也、指揮法を紙谷一衛の諸氏に師事

1996年 ベルギー・ナミュールにてフリーダー・ベルニウス氏による合唱指揮マスタークラスを受講

現在東京ジングフェライン、長岡混声合唱団、富士ベートーヴェンコーラス、混声合唱団ヴォイス、女声合唱団KIBI、HANAヴォーカル、スイングロビン指揮者

2015年7月1日、大阪フィルハーモニー合唱団の指揮者に就任

2016年6月ミリオンコンサート協会に所属

  • 2004年ウィーン・楽友協会大ホール、ザルツブルク・モーツァルテルムにて高田三郎≪水のいのち≫を現地初演
  • 2005年プラハ・スメタナホールにてドヴォルザーク≪ミサ曲二長調≫と≪水のいのち≫を指揮
  • 2006年ウィーン・楽友協会大ホールにてモーツァルト≪レクイエム≫(チェコ・プラハ管)を指揮
  • 2009年ウィーン・シュテファン寺院からの招聘によりモーツァルト≪レクイエム≫を指揮
  • 2010年日本人として初めてヴァチカン・システィーナ礼拝堂で合唱コンサートを行う
  • 2013年ライプツィヒ・聖トーマス教会にて J.  S.  バッハ≪ロ短調ミサ≫(ザクセンバロックオーケストラ)を指揮
  • 2014年10月愛知祝祭管弦楽団との「福島章恭ブルックナー・プロジェクト」が≪交響曲第8番≫と共に開幕した
  • 2016年1月東京めぐろパーシモンホールにてJ. S. バッハ《マタイ受難曲》を指揮
  • 2016年3月ライプツィヒ・聖トーマス教会にてJ. S.  バッハ《マタイ受難曲》(ザクセンバロックオーケストラ)指揮
  • 2017年11月東京オペラシティ・コンサートホール・タケミツメモリアルにて《モーツァルト レクイエム》を指揮
  • 2017年12月5日ウィーン・シュテファン寺院でモーツァルト≪レクイエム≫を指揮する予定
  • 音楽評論家として、1994年アリオン賞(現柴田南雄音楽賞)奨励賞(本賞なし)受賞

著書に「新版 クラシックCDの名盤」「同 演奏家篇」(宇野功芳・中野雄共著、文春新書)「モーツァルトをCDで究める」「モーツァルト百科全書」「交響曲CD絶対の名盤」「バッハをCDで究める」(毎日新聞社)を上梓

自他ともに認めるアナログ・オーディオマニアでもある

 

 福島章恭先生のブログ